出汁専門店のおだしの取り方

日本の「だし」は、世界に誇るユニークな食文化です。

一般的に、「だし」は”煮出す”という調理の一過程で作られます。和食の「だし」は、フランス料理や中国料理の「だし(フォン・フュメや湯など)」と比べ、「だし」をとる調理の時間が極めて短いという大きな特徴があります。

その鍵は、調理と完全に独立した一過程としての数ヶ月から数年にわたる「乾物づくり」にあります。その手間と時間は、日本の風土と智慧が育んだ「だし」の奥深さであり、わたしたちに調理の”時短”をもたらしてくれます。

「だし」は、過去からの『ひと手間の贈り物』であり、大切な未来への『ひと手間の贈り物』なのです。

 

かつお節の糸削りで美しく

寒い冬は、”菜っ葉”の美味しい季節です。

かつお節の糸削りは、菜の甘さや苦みを引き立たせ、見た目も美しく仕上げます (^_^) 店主たかはし

椎茸と貝柱のお出汁で「のっぺ」

今年も作りました。新潟の郷土料理「のっぺ」
干し椎茸と干し貝柱の だし を活かし
薄味で♪これを作るとお正月感が増しますね~
本年もよろしくお願いします(。•ㅅ•。)ゆか

未来の食 × だしの教室

上越市立大手町小学校の「未来の食」という授業で、お話をさせていただきました。

質問会では、「鰹節はなぜ硬くさせる?」「発酵と腐敗の違いは?」「食事は栄養補給だけでは満足しない。なぜか?」等々、素晴らしい質問ばかりでした (^_^) 店主たかはし

煮干しのバター炒め

最近、弊社人気商品の「片口いわし煮干」
お客様から教えて頂き、バターで炒めてみました♪本当に食べやすくて美味しい(*´ч`*)
カルシウム、貧血予防にも効く煮干です

ゆか

www.dashiyajapan.com

削りたて

今朝の新聞に、コーヒーの味を決める三つの”たて”が紹介されていました。

“煎りたて 挽きたて 淹れたて”

かつお節も、”削りたて”が一番です (^_^) 店主たかはし

#コーヒー #バリスタ #岡田章宏 #かつお節 #鰹節

山梨県とかつお節

山梨県は、人口当たりのすし店数が全国トップで有名です。

実は、旅館や和食店でのかつお節の使用量もとても多いのです。海産物を愛してやまない県民性です (^_^) 店主たかはし

かつお節の厚削りで、オクラの味噌汁

オクラを沢山いただきましたので
初オクラの味噌汁✨
かつおの厚削りの粉砕が残ってたので
そのまま入れてダシをとり具材としても
食べました🙂
「今日の味噌汁は1段と出汁の味がするね♪」
と家族にも言われるくらい濃いお出汁が☺
やっぱり厚削りは違いますね~ ゆか