小松菜と厚揚げの煮浸し

調理時間7分?笑

水1カップに「かつお粉末」をサッと入れ

醤油・酒・みりんもササっと(笑)

厚揚げと小松菜入れて少し煮て完成!

ちゃんと美味しい(*´ч`*)

粉末だしは、忙しい主婦のやさしい味方です(*˙︶˙*)☆*°ゆか

やさしいおだし料理!だしご飯

かつおだし香る炊き込みごはん(。•ㅅ•。)♡

お米3合

だし(今回は、だしパックでとりました)

醤油 大さじ2

具材は、お好みで(๑•∀•๑)

私は冷蔵庫のありもので。

しめじ・油揚げ・とり肉を。

炊いてる時から、だしの香りが.*・゚ .゚・*.

ほのかな『だし』の味を感じながら

美味しくいただきました(๑>؂<๑)

やさしいおだしの取り方!いわしの煮干し

●水出し:一晩、水に浸けておく。

●煮出し:30分程、水に浸け、アクを取りながら煮出す。頭やはらわたを取り除くとよりまろやかになる。

●うま味成分:イノシン酸。昆布のグルタミン酸と合わせると、相乗効果でうま味が5倍以上になる。

●保存方法:低温で保存するとよい。冷凍庫で保存すれば、酸化を防ぎ、油焼けを緩めることができる。「酸化防止剤(抽出ビタミンE)」入りの製品もありますが、だしが濁る傾向がある。

●いわしの種類の違い: 脂質量は、平子いわし(マイワシ)> 片口いわし > ウルメいわし。片口いわしはまろやかなコク(一般的な煮干しのイメージ)、ウルメいわしは淡白すっきり、平子いわしは上品な甘みが特徴。

●煮干しといりこの違い:地域での呼び方の違いであり、厳密な違いはない。関東:煮干し、関西:じゃこ、九州:いりこ。ただ、片口いわしの稚魚をいりこと呼ぶ場合が多い。

だし屋ジャパン製品はこちらから

だしダイエット!茶節「基礎代謝アップ!二日酔い対策にも」

「基礎代謝」で肥満を予防 筋力・肝機能を上げよう

『「おわんに味噌とたっぷりのかつお節を入れ、熱い緑茶を注ぐだけの『茶節』は、肝臓をいたわるのに最適」(野村院長)とも。二日酔いに効果があるとして、鹿児島に古くから伝わる伝統食だ。味噌、かつお節、緑茶とも肝機能障害を予防する成分が豊富だという。』

引用:日経ブラスワン
だし屋ジャパン製品はこちらから