だしダイエット!茶節「基礎代謝アップ!二日酔い対策にも」

「基礎代謝」で肥満を予防 筋力・肝機能を上げよう

『「おわんに味噌とたっぷりのかつお節を入れ、熱い緑茶を注ぐだけの『茶節』は、肝臓をいたわるのに最適」(野村院長)とも。二日酔いに効果があるとして、鹿児島に古くから伝わる伝統食だ。味噌、かつお節、緑茶とも肝機能障害を予防する成分が豊富だという。』

引用:日経ブラスワン
だし屋ジャパン製品はこちらから

だしダイエット!舌の洗濯「脂と糖にまみれた味覚をうまみに変えていく」

『今までのダイエットは、やせたいし、食べたいし、動きたくないしという欲求を無視していた。そして問題なのが脂と糖。脂と糖はとればとるほどもっとほしくなる。そこから生まれたダイエットの本質は「脂と糖にまみれた味覚をうまみに変えていくこと」。

舌は10日で細胞が入れ替わる。1年に1回くらいは舌を洗濯した方がいい。洗濯は、食後にだしを口に含んで30秒ほどくちゅくちゅやっても、飲み込んでもいい。これを1日3回、1週間続けると味覚ががらっと変わり、元に戻る。すると今までのものが食べられなくなる。味覚を変えるダイエットだ。
もうちょっと簡単なのは、食べる順番を変えること。野菜から食べ始めてタンパク質、炭水化物で、最後に締めを必ず汁物、うまみで終える、「ダイエットはうかつには絶対しないでください。元の体重にリバウンドする。どうしてもやりたいなら舌の洗濯をするってことから始めてください。あとは最後、汁物で締めるという、それを数カ月続けてもらうと、はっと気が付くと何もしないのに2、3キロやせてるのに気付く」。』

引用:ケンオー・ドットコム

だし屋ジャパン製品はこちらから