やさしいおだしの取り方!いわしの煮干し

●水出し:一晩、水に浸けておく。

●煮出し:30分程、水に浸け、アクを取りながら煮出す。頭やはらわたを取り除くとよりまろやかになる。

●うま味成分:イノシン酸。昆布のグルタミン酸と合わせると、相乗効果でうま味が5倍以上になる。

●保存方法:低温で保存するとよい。冷凍庫で保存すれば、酸化を防ぎ、油焼けを緩めることができる。「酸化防止剤(抽出ビタミンE)」入りの製品もありますが、だしが濁る傾向がある。

●いわしの種類の違い: 脂質量は、平子いわし(マイワシ)> 片口いわし > ウルメいわし。片口いわしはまろやかなコク(一般的な煮干しのイメージ)、ウルメいわしは淡白すっきり、平子いわしは上品な甘みが特徴。

●煮干しといりこの違い:地域での呼び方の違いであり、厳密な違いはない。関東:煮干し、関西:じゃこ、九州:いりこ。ただ、片口いわしの稚魚をいりこと呼ぶ場合が多い。

だし屋ジャパン製品はこちらから

いわし煮干

煮干だしも、やっぱり美味しいです~♪
最近気づいたのですが、だしをしっかりと
とるようになったら、自然と他の調味料の
量が減っていき、舌が薄味になれてきたようです(ˊ•̤ω•̤ˋ)
外食で「味が濃いっ!」ってよく思うように
なりました。減塩に繋がってますね♪
子供にも、この味を伝えていきたいです!ゆか


www.dashiyajapan.com #だし #減塩 #減塩の日

煮干し

今はちょうど、いわしの漁期です。

煮干しは、酸化と油焼けが大敵です(生臭くなります)。その為、ビタミンEなどの酸化防止剤を添加することがありますが、どうしても、だしが濁りやすくなります(だし屋ジャパン製品は、”無添加・天然だし”です)。

開封後は、冷蔵保存をおすすめします () 店主

煮干し

煮干だしも美味しいですよね(∗•ω•∗)
1本物や煮干粉末も扱っておりますので
どうぞお問い合わせください♪ ゆか